夜間のアウトドアはこれで安心?LED照明を使って快適に過ごそう!


屋外で使う照明にLEDが適している理由とメリットの詳細

照明の一種であるLEDは現在では一般家庭用の照明機器として広く普及していますが、元々は工業用の照明として開発された物です。長時間の連続使用を前提としているので耐用年数が長く、電力消費量が少ない特徴があります。また、光が拡散しにくい作りなので特定の部分を強く照らすのに適しています。そのため、吹き抜けの天井に使う照明やスポットライトとして用いられてきました。LEDが他の照明と大きく異なるのが使用時に紫外線を放出しない点です。電球や蛍光灯を屋外で使用すると、放出された紫外線を目当てに多くの虫が集まってきます。非常に見栄えが悪く、虫によっては針で刺す危険もあるのが問題でした。しかしLEDは虫を引き寄せる紫外線を出さないので、屋外での使用に便利です。キャンプ用のランプや懐中電灯などに最適と言えます。

LEDの性能を落とさないための工夫

LEDは明度が高く長持ちするので便利に使うことができますが、その一方で衝撃に弱い欠点もあります。落としたり物をぶつけたりすると、明度や耐久性が著しく低下してしまうので取り扱いの際は注意が必要です。特にランプや懐中電灯は持ち歩くことが前提の照明機器なので、LEDの性能が落ちるリスクが高い点を注意する必要があります。また、LEDは頻繁にスイッチを切り替える行為にも弱いので、使用する際は長時間照らし続けるように工夫することが大切です。電力消費量は少ないので、電池式の機器でもすぐに暗くなるおそれはありません。むしろ、頻繁にスイッチを切り替えることによるLEDの性能低下が問題なので、長持ちさせるなら数時間は点けっぱなしにするのが無難と言えます。

LEDライトパネルを利用する企業が増加しています。電気代を抑えられるために、経費削減を実現できるからです。また、丈夫で長持ちするというメリットもあります。

Share