うつ病とはどんな病気?治療方法や病院の選び方について


うつ病の症状にはどのようなものがある?

うつ病とは、心の病気と言われていますが、様々な理由から脳の機能障害を引き起こす病気です。主な理由として考えられているのは、精神的なストレスや身体的ストレスです。精神的にも弱っている状態で、脳が正常に働かないため、普段よりも思考が悪い方へと進む傾向にあります。症状としては、不眠や食欲減退が見られ、一日中気分が落ち込んでいるという人もいます。うつ病は、本人が苦しんでいても周囲には理解されにくい傾向にあります。心が弱いだけではないか、ただの甘えではないかと心ない言葉を投げかける人もいるのが現状です。まずは自分がうつ病であることを自覚し、周囲もそれを理解することが大事です。

うつ病の治療方法や病院の選び方は?

うつ病が疑われる際に受診するのは、精神科もしくは心療内科です。また、うつ病ではないかと疑う前に身体の不調が強く表れる場合もあります。その時は、かかりつけの内科などをまず受診して身体に異常がないかを見てもらう必要があります。初めて精神科を受診するならば、今後通院することも考慮して、通いやすい個人のクリニックを選択することをおすすめします。うつ病の治療法は、人により異なります。うつ病と明確に診断することができれば、投薬療法が効果的であると考えられています。ただし他の病気が原因となっていたり、周囲の環境が原因とも考えられる場合は、別の方法が適している場合もあります。身体に少しでも異変を感じたら、早めに信頼できる医師のいる病院を探して受診することが何より大切です。

光トポグラフィーはうつ病の鑑別診断を助ける検査です。うつ病としてずっと治療しているけれどなかなか良くならないといった方に、統合失調症や双極性障害などの他の病気が潜んでいないかがこの検査でわかります。

Share